松田直人の早明浦ダム バスフィッシングガイド&レンタルボート
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボートtop
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート レンタル
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート ガイド
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート その他のサービス
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート オリジナル商品
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート 中古艇販売
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート アクセス
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート Q&A
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート ブログ
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート プロフィール
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート まめ知識
松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート お問い合わせ
                       

松田直人の早明浦ダム バスフィッシングガイド&レンタルボート

フィールド解説

こちらのページは初心者の方やあまりブラックバスに詳しくない方、これから勉強してブラックバスを釣りたいという方にワンポイントアドバイスなど紹介しています。
ブラックバスを釣るために必要な仕掛けやルアー、フィールド・ポイントの見極めや釣るためのテクニック等、早明浦No.1 ガイド 松田 直人が不定期に更新していきます。
また、早明浦ダムの魅力も合わせて発信していきます。


立木
ダムの至る所にある。ディープエリアからシャローエリアの移動に使われることも多くバスの通り道。また、立木や倒木はブラックバスにとって居心地のいい日陰を作ります。シェードも形成されるので、オールシーズンいいエリア。

 

岩盤
ドロをかぶっていないことから流れの当たるエリアが多い。エグれやハードボトムでシェードやベイトの供給も多く、見つけたら狙いたい場所。また急深なため、立木と同様にディープエリアからシャローエリアの移動にも使われる。

 

ガレ場
ガレ場とは、山の斜面が崩れ、岩石がごろごろしているような場所です。比較的バスのストックは多く、岩盤エリアよりなだらかな場所にあることが多く、回遊バスがたまりやすい場所になっている。シーズンによっては数釣りも可能。

 

                       
バックウォーター
ダムや湖などに流れ込む河川の流入箇所。常に流れがあるため、夏は特にバスのストック量は多い。雨量によっては水流が増すエリアのことを指します。

 

オーバーハング
水位が増えた時に全面オーバーハングになることがある!カバー撃ちや、スキッピングで奥を狙うのが効率的な釣り方。やや難易度は高いが、奥には必ずデカバスが存在する!

 

フローティングカバー
下はシェードになっていて、バスが好む場所。風向きによりカバーの場所は変わる!いいタイミングで入り直し居つきのデカバスをキャッチしよう!

 

                       
ブイ
年中バスの供給あり!真冬にも、真夏にも必ずいるが、サスペンドしているので釣り方はやや難しい!バスのスイッチをいれたり、一定レンジを巻いたりと、やや難易度は高め。

 

切株スタンプ
大きなスタンプの根っこの部分は空洞になっていて、シェードも形成されるため、バスの住処となる。ボトムに潜むベイトなどを待ち構えるテリトリーとなることが多い。

 

橋脚
早明浦ダム最大の縦ストラクチャー。シーズン問わず、ビッグバスの実績も高い!